ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2020年04月22日

ランニングでマスクは逆効果では?走るコースと時間帯が効果絶大!

marathonmask202004226109.jpg

ランニング仲間で「マスクをして走ろう」という話が出てきているのですが、個人的にはあまり効果的では無いと思います。コロナ前にチャレンジしたことありますが、酸欠になってブラックアウト寸前になりました。呼吸が乱れるだけではなく、マスクが汗や息で濡れ、マスク経由の呼吸が一切できなくなります

しかもマスク脇から空気は大量に出るし、走っているのでその空気は走った分だけ周辺にばらまかれます。マスクの有無は、前に飛散するか横や後ろに飛散するかの違いだけで、範囲も変わらないと思います。さらにマスクをするとしていないときより呼吸が荒くなるのは必至で、周辺にばらまかれる空気はマスク着用時の方が多いという、本末転倒な結果になるかと思います。


マスクをして走る息がしにくくなる呼吸が荒くなる周辺にばらまかれる空気が多くなる

マスクをしないで走る息がしやすくなる呼吸が安定周辺にばらまかれる空気が少なく済む



そもそもランニング時の排気は、前には吐き出しません。「にわかランナー」はどうかわかりませんが、ある程度のランナーなら排気は「下」にします。前に吐くとそのまま排気が口に戻ってしまうので、意識的に下に吐き出しています。つまりマスクをしても排気はマスクの下から出るだけで、マスクがあっても無くても、ランニング時の排気はほとんど変わらないのです。


ってことで、個人的にはランニングでのマスク着用はあまり効果的では無いどころか逆効果だと思います。

あるとすれば「マスクしてます」というアピール感(自己満足)を味わえるだけ。科学的な効果はあまり無いと思います。むしろ「走る時間帯(=人が少ない時間)」「走るコース(人が少ない道)」を調整する方が、マスクよりよっぽど効果的だと思います。

ランニング時にマスク着用を呼びかける人に限って、繁華街を走ったり、人が多い時間に走ったりして、そっちの方がよっぽど鬼畜。マスク着用で論点をずらしているだけにしか見えません。今日も国際通りから周辺道路側へマスクしながら走っている人を見かけましたが、あれって最悪だと思います。なんで人が多い場所を、人が確実にいる時間帯に走るか疑問です。「その時間しか走れない」というのは嘘。走る時間分、早起きすれば良いだけの話です。


そもそもランニングしない(外出しない)方が一番ですが、昨今の外出自粛での運動不足を解消する上で、ランニングは最も短時間で効果を得られる運動なんですよね(強いて言えば競歩の方が上ですが町中で競歩する人は見たこと無いw)。

「1時間の散歩」と「20分のランニング」が同じMETs(運動強度)

つまり、1時間の散歩や通勤をする人に比べてランニングなら20分で外に出ている時間が済みます。その分、感染リスクも下がると思います。ランニングをどうこう言う前に、散歩や通勤時間の方がよっぽど「感染させるリスク」も「感染するリスク」も高いと思います。


マスクは万能ではありません。「マスク神話」を信じる人が多いですが、生活スタイルを変える方が、感染予防にはよっぽど効果的だと思います。

(もちろんこれらは個人の意見ですw)
posted by 離島ドットコム管理人 at 14:09 | コラム:その他