ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2019年11月30日

「第1回奄美ハナハナウルトララン」2020年2月2日開催!!

明日は42.195kmの「NAHAマラソン」ですが、個人的には最近はそれ以上の距離の大会、いわゆる「ウルトラマラソン」にばかりに参加。特にフルマラソンのタイムが伸び悩んだからという訳では無く、逆にタイムアップしすぎて走る時間が短くなり、もっと長い時間走っていたいという気持ちでチャレンジしています!

実はフルマラソン、2017年の東京マラソン以降、1つも走っていません。10年以上連続参加していたヨロンマラソンも、その東京マラソンと日程がぶつかるため参加を止めたのをきっかけに走らなくなりました。


その代わりに、42.195km以上のいわゆる「ウルトラマラソン」は、その東京マラソンの1ヶ月前も「宮古島100kmワイドーマラソン2017」に参加していましたし、2018年は4月は「戸田・彩湖ウルトラマラソン70km」に参加。そして2019年はついに念願の大会「5LAKESチャレンジ富士五湖ウルトラマラソン118km」に参加し、無事に完走できました。フルマラソンだと3時間で走り終わっちゃいますが、宮古島100kmならその3倍、富士五湖ならその4倍も走っていられますからねw

何よりウルトラマラソンの楽しさは、み〜んなタイムを気にしていないので、レース途中で雑談できますし、エイドでは立ち止まってスタッフと世間話できたりして、走る以外も楽しめます。反面、フルマラソンってどうしてもタイムをみんな気にするので、雑談もありませんし、エイドも走りながらの補給になっちゃって、楽しさはあまりありません。本当の意味での「走る楽しさ」はウルトラマラソンの方があると思います。


ちなみに沖縄のウルトラマラソンだと、やっぱりナンバーワンは私も参加した「宮古島100kmワイドーマラソン」ですね。最近、他でも開催されはじめましたが、宮古島の大会に勝てる楽しいコースはありません。「石垣島ウルトラマラソン」も山間ばかりのコースでしかも中途半端な60kmですし、沖縄本島だと「NAGOURA100km」は、やんばるの熱帯雨林の中を走る魅力はあったものの確か第3回で中止。もう1個「沖縄100kmウルトラマラソン」という大会が最近始まりましたが、ウルトラマラソンで最も最悪な「往復コース」で超つまらない大会。

やっぱり「宮古島を丸々一周」+「3本の大橋を渡る」=「宮古島100kmワイドーマラソン」の魅力には勝てません。ウルトラマラソンの魅力は距離では無くコースですからね〜(個人的にその最高峰が富士五湖を全て巡る5LAKES)。


前置きが長くなってしまいましたが、離島でのウルトラマラソン大会。ついに奄美大島でも開催決定です。

75552924_125729582196030_8587898730257055744_n.png

第1回奄美ハナハナウルトララン




2020年2月2日という、まさに「2」並びの日。以前は同時期の奄美大島ではハーフマラソン大会が開催されていましたが、2019年の2月大会以降は中止になり、その代替的な感じで開催されるみたいです。でも距離が5倍近くありますけどねw

コースは奄美大島北部をぐるりと巡る100kmコース。最北の笠利崎も通りますし、絶景ビーチの崎原海岸や倉崎海岸の近くも通りますし、観光名所のハートロック近くも通ります。さらに奄美の熱帯雨林の中もコースになっているらしいです。コース的にはかなり魅力的ですが、超個人的な話ですが、このコースは少しがっかり。それは・・・


個人的に走ったことあるからw




もちろん100km丸々走ったことは無いですが、ハートロック〜倉崎〜崎原〜空港周辺は何度か走った経験があります。確かにすっごい楽しいコースでしたので、ウルトラマラソンも期待大ですが、いかんせん「無料」で走ったことがあるコースに、「18000円」も出したくないw

ウルトラマラソンの参加費は100kmだと15000円が相場ですが、第1回でしかも離島の大会で18000円は高い。ちなみに宮古島は100kmで「15000円」、富士五湖の5LAKESは118kmで「19000円」、彩湖は70kmで「6000円」なので、奄美の「18000円」はかなり高いです。しかも第1回なので、運営に難点があるのは必至。そこに18000円出すなら、宮古島か富士五湖にまた参加したい気がしちゃいます。しかも沖縄から奄美大島は、船でも飛行機でも安いチケットが無いので、本土の大会へ行くよりも交通費がかかります。


ってことで少しだけ迷いましたが、やっぱり奄美ウルトラの参加は止めます^^ゞ


むしろ同じ2月なら西表島の「やまねこマラソン」の方が参加したいですね。って思ったら申込は昨日まででしたw(来週まで延長しているサイトもありますが)。実は今シーズンのマラソン大会へのエントリーは予定も含めて「0」。念願の東京も5LAKESを走ることができましたので、しばらく大会参加は自重しようと思っている次第です。でも個人的に「勝手に離島でマラソン大会」は適宜開催中ですけどねww

なにせ今年2月は「勝手に西表島半周マラソン」やっちゃいましたからね〜。西表島の大原港からスタートし、南風見田まで行って折り返して一気に上原まで西表島半周約40km。実はその先の上原港〜白浜港は、個人的に何度も走って移動したことがありますので、これで西表島の道はほぼ全て走破ってことになります。




「この島を丸々一周」とか、「富士五湖全て制覇」とか、ウルトラマラソンは明確な目的意識があると楽しいです。でも今回の奄美はその目的意識がやや曖昧で魅力に欠ける感が否めません(石垣島や本島の大会もその点で問題あり)。やっぱり沖縄でウルトラマラソンにチャレンジするなら「宮古島100kmワイドーマラソン」ですね〜。ちなみにこちらも先週末で申込締め切り。私は過去に2回参加しているので、もう申し込むことは無いと思います(基本、同じ大会に2度以上は滅多に走りません)。

ちなみに奄美大島最北端の笠利崎から龍郷経由で古仁屋まで行くと、片道ちょうど100kmでーーーすw(空港からならちょうど90km)







posted by 離島ドットコム管理人 at 13:17 | 大会:与論/奄美エリア