ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2010年11月05日

第20回ヨロンマラソンへ参加方法/手引き

いよいよ第20回の記念大会を向かえた、2011年3月のヨロンマラソン。私個人としても第12回からの参加で惜しくも第10回には参加できなかったので、8年越しの願いが叶う感じです。第10回大会にはスペシャルゲストランナーとして「間寛平」ちゃんが来ていたので、今回の第20回もちょっと期待しています。与論町のヨロンマラソン情報やパンフレットには一切触れられていませんが、サプライズゲストでも良いのでお願いしたい次第です。

それはさておき、2011年のヨロンマラソンへの参加。その手引きというかいろいろ情報を綴っていきたいと思います。




■大会概要
大会日時 2011年3月6日(日曜日)フル/リレー 午前8時スタート・ハーフ 午前10時スタート
制限時間 フル/リレー 7時間・ハーフ 5時間(ハーフで5時間は全部歩いてもゴールできる時間)
開催場所 与論島(フル/リレーは折り返しで島を2周・ハーフは島を1周)
参加定員 1500人・リレー20組(ただしそれ以上に島の宿のキャパが少ない)
参加費用 フル/ハーフ 4000円・リレー 15000円(5人1組)
参加資格 フル 18歳以上(高校生を除く)・リレー/ハーフ 中学生以上
給水場所 2.5kmごと(実際はそれ以上ありますし、給水だけじゃなく食べ物も多いし、山羊汁もあります!)

与論町の大会会概要およびパンフレットPDF




■エントリー方法
基本的にはネットからの申込なると思います。2010年11月5日からRUNNETで出来るようになりました。もちろんパンフレットなどを手に入れて書面(郵便振り込みなど)での申込も可能ですが、ネットから申し込んだ方がいろいろ面倒も少ないのでおすすめします。
締め切りは2011年1月21日の金曜日ですが、定員以上に宿の確保が問題になりますので、定員オーバーになることはあまり考えなくて良いかも?まぁ昨今のマラソンブームでどうなるかわかりませんが、さすがに与論島まで行くのが大変なのでなかなか他の大会のようにはならないと思いますよ。
ちなみにゼッケンナンバーは申込順らしいです。早い番号が欲しい人は早く申し込みましょう!

RUNNETからのエントリーはこちら




■ウェルカムパーティ概要
開催日時 2011年3月5日(土)午後7時〜9時(去年までは午後5時からの開催だったので注意)
開催場所 与論町砂美地来館/体育館(茶花市街から歩いて15分)
参加費用 1000円(エントリー時に申込・申込無しの当日参加不可)
飲食関連 軽食レベルですがお酒有り(去年まで椅子とテーブル形式でしたが今年から立食形式になる模様)
宴会内容 演舞、ライブ、かちゃーしー(踊り)などいろいろ




■完走パーティ概要
開催日時 2011年3月6日(日曜日)午後4時ぐらいから
開催場所 ゴール地点横の茶花海岸
参加費用 無料(大会参加者にはビールとおつまみ引換券がエントリー時に渡されています)
飲食関係 海岸に飲食や物販店舗出店・茶花市街にコンビニやスーパー有り
宴会内容 演舞、ライブ、かちゃーしー(踊り)、表彰式、じゃんけん大会など




■与論島までの行き方
ツアーの場合それに従うこととして、一般的にはフリーで行く場合は那覇空港まで飛行機で来て、那覇で1泊。翌日の早朝の船で与論島へ行くことになると思います。というのも那覇港を出港する船は午前7時出港なので那覇泊するだけじゃなく、那覇でもかなり早起きをしないとなりません。なので那覇での宿選びはできるだけ那覇港に近いところがお勧めです。でも宿の数は結構多いですし、時期的に閑散期に入っているので個人でも予約は気軽にできると思います。
一番近いのはポートホテルですが、ここはやや古い感が否めないので、新しいところだとチサンリゾート那覇。ここは出来て1年ぐらいしか経っていないのでお勧めです。リゾート感を味わいたいならそのチサンリゾートの隣というかほぼ一緒の場所にあるロワジールがおすすめ。ビジネスユースで安く上げるならルートイン那覇東横インになるでしょう。とりあえず那覇市街にはホテルはいっぱいありますので、那覇港までなら徒歩10〜15分以内でも十分だと思います(直線距離で1kmぐらいが目安)。同じ那覇市街でも遠い場所だと歩いていくのは難しいので、出来るだけ那覇港まで近いホテルや宿を選びましょう。
ちなみに那覇港周辺にも安宿はありますが、那覇市街の安宿はあまりレベルが高くないので、八重山や宮古のようなキレイで居心地の良いものは期待しない方がいいかも?安かろう、○○かろうだと思いますので、無難にホテルステイをお勧めします。どのみち沖縄のホテルは1泊5000円ぐらいで十分泊まれますからね。

那覇港に近いホテル一覧

そして那覇に1泊した後は船で与論島へと向かいます。もちろん那覇空港などから飛行機で島へ行くことも可能ですが、実際はツアー会社にほとんど抑えられてしまっていて個人でチケットを入手するのはかなり困難。ヨロンマラソンのために臨時便も飛ぶのですがそれでも個人からの入手はかなり難しくなっています。無難に船で往来するのがおすすめです。船は船で楽しいこともありますからね。
ちなみに2011年の船は行きが3月5日の土曜日の場合はマリックスラインの「8」でやや小降りの船です(甲板に円形ベンチがある船)。帰りが3月7日の月曜日の場合はマルエーフェリーの「あけぼの」なので新造船で快適だと思います。どちらも乗船1ヶ月前から予約開始ですが、長距離フェリーは基本的に予約必至なので必ずどちらの会社であっても電話で予約しましょう。でも大型フェリーなので満員になることはないと思いますが、数日前でも良いので電話予約は必ずしましょう。船代は当日、行きは那覇港、帰りは与論港で支払うことになり、片道4100円ですがヨロンマラソン参加証を見せると2割引の3280円になります。この820円の差は大きいです。もちろん帰りも同じ割引が適用されますが、帰りは参加証はもう手元にないはずですがあとは口頭でどうにかなります(笑)。

・マリックスライン予約センター 099-225-1551
・マルエーフェリー予約センター 099-226-4141

ちなみに与論島までは船でおおよそ5時間。途中、本部港に寄港するので、実質的には2時間+2時間半の感覚だと思います。ただし、那覇〜本部間は船はそんなに揺れないので快適ですが、本部〜与論島の特に後半1時間ぐらいはかなり揺れる海域になるので、船酔いしやすい方は酔い止めを事前に服用しておくと良いでしょう。でも船の揺れはその日によってかなり変わりますので、あとは当日にならないとわかりません。あと船は基本的に2等客室で、大広間での雑魚寝なのでかなり狭いです。リッチな方は2等寝台や1等の個室を選択できますが、いかんせんヨロンマラソン参加者が多く、同じような考えをしている人が多いので競争率はかなり高いと思います。どのみち行きは早朝の船なので寝ているだけなら5時間の船旅もそんなに長く感じないかもしれませんからね。

そして与論島に到着したら、ほとんどの方は宿の送迎があると思いますので、その送迎車に乗って宿まで行くことになると思います。中には先にエントリー受付があるスタート会場まで行ってくれる宿もあると思いますが、基本的に送迎車の判断次第になると思います。ちなみに自力移動はタクシーもありますが台数が少ないので徒歩になってしまいます。与論港(友利港)から茶花市街まではおおよそ2.5kmあるので、早い人で30分ほどかかります。まぁ大会前日に30分歩くのを良しとするか悪しとするかは個人にお任せします。ちょっと坂があります^^;




■与論島での宿泊
これが最近の一番の問題。通常の大会はエントリー定員が問題になりますが、ここヨロンマラソンでは近年、宿が確保できるか否か次第で参加できるか否かが決まってしまっています。その原因は与論島で最大級の観光ホテルの閉館。この大型ホテルはツアーにもよく利用されていたのもありますし、何よりヨロンマラソンのスタート&ゴールのすぐ近く。ヨロンマラソンとしてはニーズが高かったのですが、老朽化などもあいまって2009年3月で閉館してしまいました。結果、2010年の大会はまさに「宿確保」が重要になってしまい、もちろん今回の2011年の大会も同様です。なのでエントリーしたらまずは宿の確保をしましょう。中には半年も先の予約は受けてくれないと言われるところもありますが、いろいろな宿に連絡して確保するのがおすすめです。ヨロンマラソン時期は「泊まりたい宿」を探すのではなく「宿泊させてくれる宿」を探すことになると思いますので。
あとヨロンマラソンの際の宿はスタート&ゴールに近い方が便利ですが、先の港同様に宿の送迎車が会場まで送り迎えしてくれますので、会場から離れていても問題ありません。そういう意味でも「宿泊させてくれる宿」探しになると思います。
ちなみにリピーターの方は前年に宿泊した宿で前回大会終了時に既に翌年の大会時の宿を確保している場合が多いので、そういう意味でも競争率は高くなるかも?なにせヨロンマラソンはとにかくリピーターが多く、毎年来ている人が多いので大会が同窓会のようになったりします。まぁそれもまたヨロンマラソンの楽しいところかもしれません。もちろん、初めての方でも与論島まで来たということもあってすぐにそのリピーターの方ともうち解けます。結果、リピーターが多いのでしょうね。あと時期的に卒業旅行を兼ねた学生さんも多いようです。

与論島の宿一覧

とりあえず宿泊は3月5日(土曜日)と3月6日(日曜日)の2泊が標準。その前や後に追加して島を楽しむのも有りだと思いますし、この2泊以外はどの宿も予約は取りやすいと思いますので、この2泊は「宿泊させてくれる宿」にして、それ以外の宿泊を「泊まりたい宿」にするのも良いかもしれません。でも帰りも船の方は3月7日じゃないと全然盛り上がりも違いますけどね・・・。港も、船の中も、3月7日の船で帰った方が断然楽しいと思います。逆に行きは船が混雑するだけなので前もって島に入るのはおすすめかも?




■与論島からの帰り方
先の話にもありましたが、一般的には大会翌日の午後の船で那覇に戻る方が多いと思います。今年はマルエーフェリーの新造船「あけぼの」なので、帰りはかなりキレイで快適な船旅が送れると思います。もちろん、大会翌日の3月7日に那覇に戻ればの話ですが、それ以外の場合はまた別の船になると思いますので、あとは帰る日や方向次第かと思います。もちろん帰りも飛行機は臨時便も出ていますが、行き同様にツアー会社に抑えられてしまっていて、個人で飛行機を予約するのは難しいと思います。
あと船は大会翌日の午後の便以外に早朝の便もありますが、これはその午後便で那覇に行くと午後7時過ぎに到着してしまうので、本土までの飛行機に乗り継げない方が多く乗られます。本来は月曜日休むだけで行けるはずのところを、羽田空港以外だと火曜日も休まないと本土に帰れないので、この早朝便に乗る方も多くいらっしゃいます。もちろん、早朝便が故に、船の中では寝るだけになると思いますが・・・通常の大会翌日の午後便だと船の中はまさに「宴会」モードです^^ゞ
でも一般的に帰りの船になる大会翌日の午後便の中は、完走したランナー同士でかなり盛り上がれます。5時間の船旅もずっと宴会なのでまさに「あっという間」です。もちろん、マラソン翌日で疲れている方は寝ればいいですし、とにかく帰りの船は5時間の長さを感じることはないと思います。そういう意味でも帰りだけはこの大会翌日の午後便でみんなと一緒に与論島を発つことをおすすめします。
3月7日(月曜日)の午後2時10分に与論島を発って、午後7時に那覇港に入港予定ですが、30分ぐらい送れることも多いです。なので帰りの飛行機は本土に着く時間が遅くなっても余裕がある乗り継ぎをおすすめします。ちなみに那覇港から那覇空港まではタクシーで早ければ10分。遅くても15分か20分で着くと思いますが、飛行機の場合は搭乗時間が決められていますので余裕がある乗り継ぎをお勧めします。午後7時台に那覇を発つ飛行機はあまりお勧めではないかも?午後8時以降の便をお勧めします(羽田行き限定だと思いますが・・・)

・マルエーフェリー予約センター 099-226-4141




■沖縄那覇までの航空券/ツアー
ヨロンマラソンも含めたツアーもあり、いろいろ特典もあるようですが、パッケージツアーはどうしても高い。しかも与論島への往復も飛行機になってしまいますので、あの帰りの船の楽しさを味わえません。もちろん、正規航空券で安いチケットがあれば良いですが、なかなか週末が絡むと高かったりします。
そこでお勧めなのが「宿泊券付き往復航空券」。または「往復航空券+1泊ツアー」。ヨロンマラソンへ参加する場合は、どのみち那覇で1泊しないとならないので、まさにこのツアーがぴったりなんです。
もともとこのツアーは宿泊全てをパッケージにするとツアーの自由度が低くなるので、自由旅行をご希望の方には合致しない限り参加しませんし、往復航空券だけだとツアー扱いにならないので、旅行代理店が仕入れた安い団体航空券を提供できません。そこで旅行代理店は1泊だけ付けたプランにして安い団体航空券を提供することを可能にしたのがこのツアーの特徴です。要するに「ツアー」の抜け道みたいなもの。しかもその1泊も気に入らなければチェックイン直後にチェックアウトしてしまえば他に宿泊することも可能(チェックインせずに不泊のままだとツアーが成立しないのでNG)。でも今回はその1泊はまさに必須なので、ヨロンマラソンへ参加する際にはこの往復航空券+1泊ツアーはおすすめなんです。加えてその1泊は寝るだけなので、どんなレベルのホテルでも割り切れますよね。
ちなみにこの往復航空券+1泊ツアーは下手すると1泊付いても格安航空券の往復分より安い場合もあります。もちろん、1泊分の宿泊代を加味すると格安航空券よりは確実に安くなると思います。さすがに先得などの正規割引運賃にはかなわないこともありますが、この往復航空券+1泊ツアーなら出発間際(3日前)でも予約可能ですので、正規割引運賃のように2ヶ月も前に予約しなくてもOK。
現在は様々な旅行代理店からこのツアーは販売されていますので、あとは価格と宿泊先次第かと思います。ちなみに楽天トラベルでもANA楽パックやJAL楽パックでも同じように1泊だけ宿泊を付けたツアーも組むことも可能ですし、このツアーには楽天市場などで貯めたポイントも利用できます。
しかもこれらツアーなら飛行機の便数も多く設定されていますし、おそらく大会前々日の金曜日は最終便で沖縄入りして、大会翌日の帰りの便も夜便になると思いますので、それほど便による料金アップは少ないかも?そういう意味でもこの往復航空券+1泊ツアーはこのヨロンマラソン参加の際には利用価値があると思います。

往復航空券+1泊ツアーの場合、11月5日現在、楽天のANA楽パックだと今のところまだ往復の都合が良い飛行機は予約可能でした。行きの3月4日は羽田を20時発で帰りは3月7日の20時35分の便なら可能でした。もちろん楽天の場合、宿泊は自由に選択できますので、価格や立地やグレードなどを考慮して自由に選ぶことが出来ると思います。往復航空券+1泊で4万円前後だと思いますので、先の正規割引航空券の往復よりも安くなると思います。
JAL楽パックの場合は行きの羽だつ那覇行きの19時45分発の最終便はなんと+11600円になるので、正直往復航空券+1泊ツアーはJALよりANAがおすすめかと思います。ちなみに帰りは20時15分那覇発だと+4600円ですが、20時40分那覇発だと+0円ですが羽田到着が22時55分なのでかなり遅くなります。しかもJALは価格がANAより5000円も高くなりますので、正直、往復航空券+1泊ツアーならJAL利用よりANA利用の方がお勧めかもしれません。
あと旅行代理店の中ではJAL系に強いJ-TRIPだと、3月4日に羽田発で3月7日に那覇発の1泊4日ツアーだと通常は34800円で、帰りの便を20時台にすると+900円なので実質35700円になると思います。ただし、行きは夜に羽田発のニーズは本来はないので、ツアーとしては設定されていませんが、設定することは可能だと思いますのであとは旅行代理店との交渉次第かと思います。おそらく羽田発を夜にする場合は追加料金は無しでいけそうな気がします。

ちなみに正規割引運賃はJALの場合、11月5日現在、すでに3月の先得は販売されていますが、最も安い「スーパー先得」の3月4日(金曜日)の最終便は既に売り切れ。価格は21400円なのでかなり高いけどもう売り切れています。通常の先得は23400円ですがまだ残っているものの、残りわずか。帰りの3月7日(月曜日)の夜8時以降の便も同様にスーパー先得(17900円)は既に売り切れで、通常の先得(18900円)は残りわずかの状態です。ちなみに帰りの19時45分という船の到着が遅れたら厳しい便もすでにスーパー先得は売り切れで、通常の先得が残りわずかの状態になっています。
スカイマークについては搭乗日の2ヶ月前の午前9時半にならないと販売されませんので、現在はどういう状況かはわかりません。3月なので繁忙期扱いされる可能性もありますが、通常の最安値だと羽田発10800円ぐらい(12月24日の金曜日で)、那覇発は15800円ぐらい(12月27日の月曜日で)。どの価格帯に設定されるか次第ですが、2ヶ月前の午前9時半予約開始とともに航空券をとれば往復3万円ぐらいでも収まりそうです。しかしスカイマークの場合は金曜日は夜便がないですし、月曜日も夜便がないので実質帰りは火曜日になると思います(ただ火曜日は午前6時半那覇発の早朝便があれば午後からなら仕事復帰可能)。

まとめると3月4日の夜羽田発で3月7日の夜那覇発の場合、航空券およびツアーはこんな感じかと思います(一部想定)。

・JALのスーパー先得利用 往復のみで39300円
 (19時45分羽田発・20時15分/45分那覇発)

・JALの先得離島 往復のみで42300円
 (19時45分羽田発・20時15分/45分那覇発)

・スカイマーク 往復のみで30000万円前後
 (ただし行きは金曜の夕方までの便・帰りは火曜日)

・ANA楽パック 往復航空券+1泊で39100円
 (スーパーホテル那覇泊・20時羽田発/20時35分那覇発)

・JAL楽パック 往復航空券+1泊で45900円
 (スーパーホテル那覇泊・19時45分羽田発・20時15分/45分那覇発)

・J-TRIP 往復航空券+1泊で35700円〜
 (ポートホテル泊・羽田発夜便設定無しなので交渉次第・20時台那覇発)

JALの先得カレンダーから先特割引とスーパー先得を検索
楽天トラベルのANA/JAL楽パック(航空券+宿泊)
J-TRIPの往復航空券+1泊ツアー
スカイマークで往復航空券予約(2ヶ月前の午前9時半より)

ということで、個人的にはまずは最安値のJ-TRIPに行きの羽田発が最終便に設定できるか聞いてみて、OKならそのまま利用するのがおすすめかと思います。またとにかく安くするならスカイマークを利用して、那覇の宿泊費も徹底的に安くすることですが、いかんせん飛行機の時間があまり好ましくありません。あと意外だったのが楽天のANAパック。飛行機の時間が自由に決められ、また宿も自由に設定できるのにこの価格は安いと思います。JAL楽パックは論外ですが・・・。

ちなみに楽パックとJ-TRIPなら羽田発着以外のものもありますので、いろいろ検討できると思います。ヨロンマラソンに参加を目指している方でツアーを利用しない場合はご検討くださいませ。

楽天トラベルのANA/JAL楽パック(航空券+宿泊)
J-TRIPの往復航空券+1泊ツアー




ヨロンマラソンのコースや大会そのものについては、また後日綴りたいと思います。今回はまずは参加方法や行き方だけにとどめっておきたいと思います。コースガイドや攻略法は後日(来年?)に綴りたいと思います。

ご期待ください^^ゞ

第20回ヨロンマラソンの大会概要およびパンフレットPDF(与論町)
ネットからの大会エントリー(RUNNET)
那覇港に近いホテル一覧
与論島の宿一覧
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:01 | 大会:与論/奄美エリア