ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2006年12月03日

第22回NAHAマラソン

第22回NAHAマラソンの結果レポートです。左足の怪我をかばいながらも、無事にゴールできました。でも足のマメは大きくなるし、新たにさらに大きなマメが出来て、しばらくは練習もできなさそうな感じですけどね。しかも足の裏の1cmx2cmの大きなマメができた以外に、小指のマメをテーピングした影響で、接する薬指にも大きなマメが出来ていましたしね。今は足の指2本の大部分がマメになっているって感じです(痛)。まぁ年内はマジトレをするつもりはないので、ちょうど良いかもしれませんけどね。
-------------------------------------------------------------
■最初に結果
さて、昨日の第22回NAHAマラソン。まずは結果です。タイム的には去年より10分早いけど、ベストタイムよりも4分遅いって感じかな?まぁシーズンイン最初のレースなので、こんなものでしょうね。徐々に3月のヨロンマラソンまで体調を整えていく予定なので、まずまずの結果かもしれません。あと3ヶ月、ヨロンマラソンの完走パーティ(笑)に向けてがんばりますよ。
ちなみに順位は200位台中盤。何人完走したかわかりませんが、エントリー時点で24000人弱、レースの半分の時間制限をクリアしたのが18000人ぐらいだったと思います。目標の300位以内はクリアしたものの、最終目標の100位以内はまだまだ遠いです(当分無理だと思うけど・・・)。
-------------------------------------------------------------
■NAHAマラソンのレース中
それはさておき、レースのお話。仮装系がきになるNAHAマラソンですが、今年はやや前の方でスタートしたので、あまり多く見ることができなかったのが残念でした(その分、知花くららさんは近くで見れたけどね)。でも去年はHGが目立っていましたが、今年は桜塚やっくんかな(苦笑)。不気味なセラー服姿の男性が何人かいました(汗)。あと気になるところで、ミニスカサンタなのにめっちゃ早い女性ランナー、おしりの張りぼてが付いた服で走っている尻出しランナー、あとは全身タイツ系のランナーは相変わらず多いですね。けど今年は去年のHGのような特に注目のキャラは無かった年みたいですね・・・NAHAマラソンは今年1年の流行を計る意味でも見る価値あるかも(笑)。ちなみに去年に続いてなんですが、5km地点手前の古波蔵に「mixi」の看板を持って沿道から応援してくれる人がいますね。去年も気になっていたのですが、今年もしっかり居ましたね。
仮装系のランナーのことはさておき、レースの話。知花くららさんを見てそのまま国際通りへ。とりあえず今回もヨロンマラソン同様に、前半は抑えるだけ抑えて後半にかける作戦。特にタイムは見ていませんでしたが、だいたい5kmを23分で走るペースだったみたいです。30km地点までは・・・問題は30km地点を過ぎてから、足に新たなマメができたらしく、急激にペースダウンしてしまいましたけどね。けど35km地点から走り方をピッチ走法からストライド走法に変えてから、ペースアップはできなかったものの、ペースダウンは免れてかなりの他のランナーを抜きましたね。かなりつらかったけど、でも筋力はまだまだ残っていたので、いつもは疲れて抜かれる場面でも、かなり抜いたのでそのおかげで順位はかなりあがったのだと思います。最後の5kmで50人以上は抜いたと思います。

けど足のマメ以上に問題が中間の21km地点以降生じてしまい、マラソン特有の横っ腹痛に結局ゴールするまで悩まされました。けど横っ腹痛はある程度走り方を変えると収まるので、それでどうにかしのぎましたが、右の横っ腹が痛くなってそれをかばって走ると右は直るけど、今度は左が痛くなるという繰り返しでとにかく横っ腹痛が気になって気になって仕方ありませんでした。けど最後の2kmは奇跡的にその痛みが無くなったので、ラストスパートを出すことが出来ました。最後はちょっとがんばっちゃいましたね。

しかしラストのがんばり&ストライド走法へのチェンジの結果、マメがさらに大きくなってしまったのかもしれませんね。しかもゴール後は久しぶりに足がつりそうになってしまいましたし。しかもマメがある左足のみ・・・休養をとるために泊まるホテルまで行く運転もマニュアル車だったので、クラッチを切るのがホントにつらかったです。でも沖縄の長い信号待ちのおかげでどうにかしのげましたけどね(汗)。
けどこのマメ。かなり痛くてレース後はまともに歩けないくらいでした。よくこの状態で走っていたな〜って思いましたよ。レース後は完全に左足を引きずって歩いていましたからね(汗)。でも水を抜いて、温泉入ってからはずいぶん楽になりました。あとはしばらく安静に過ごしたいと思います。
-------------------------------------------------------------
■NAHAマラソンの大会後にはホテルでリラックス
話は変わってレース後の話。やっぱりホテルで休養は良いですね〜。じゃらんの格安プランだったにもかかわらず、階が高くて景色は良いし、部屋の居心地も良いし、温泉は気持ちいいし、言うこと無しです。しかも温泉は、ホテルが1泊でも2日分使えるので、ホテル代を考えてもリーズナブルで助かります。正直、沖縄に住んでいながらまたこのホテルに泊まりに行きたいな〜って思います。変にリゾートリゾートしていないし、ちょっとコンドミニアム的に使えるホテルなので、個人的にはかなり好みのホテルかもしれません。

沖縄に住んでいるとなかなか沖縄本島のホテルに泊まる機会が無いのですが、今後は今回のように機会があれば積極的にいろいろなホテルに泊まりたいな〜って思いました。離島も良いけど、沖縄本島のホテルも週末を過ごすだけなら悪くないな〜って思いましたよ。でもやっぱり大風呂は良いですね(笑)。

そしてホテルで1泊したら、最後にまた温泉に入り、遠回りしながら自宅のある那覇へと戻りました。ホテルのある場所から南部の奥武島まで行って、天ぷら買って、自宅に帰って食べたりしました。結局、マラソンのあとは2日間でビールを8本も飲んでしまいましたね。総摂取カロリーも考えただけで恐ろしい結果になっていそうです(2日間で、お寿司、フライドチキン、ポテチ、ケーキ、ドーナッツ、てんぷら、朝食バイキングで食べまくりなどなど・・・)。
-------------------------------------------------------------
■NAHAマラソンの総括
そんなこんなで今シーズンのNAHAマラソンも無事終わりました。どうしてもシーズン最初のレースになるので、タイム的にはベストタイムには届きませんが、まぁそれなりに楽しめました。一番驚いたのが、ヨロンマラソンで知り合った仲間とNAHAマラソンゴール後に偶然出会ったことですね。2万人も参加している中、しかもゴール後直後に出会うというのはまさに偶然中の偶然。離島での出会いもしかりですが、沖縄での人と人との出会いってなんか巡り合わせがあるんだな〜って思いました。レース中はつらかったですが、レース後のこの出会い、そして快適なホテルライフ。左足に出来た3カ所のマメ以外は、心地よく過ごせています。

まぁNAHAマラソン自体も、数あるマラソン大会の中でもここまで沿道の応援が盛り上がっている大会も珍しいんだろうな〜って思いますので、毎回楽しまさせてもらっています。相変わらず、沿道から泡盛などを給水代わりにくれるエイドステーションもありますし・・・(誰が飲むんだよ)。けど最後の1km地点でビールを給水代わりに配ろうとしている人を見つけたときは、最後の最後のきつい時でしたが、めちゃくちゃ笑いました(おかげで辛さが少し和らいだ)。しかもビールはビールでもオリオンではなく、キリンののどごし生だったのにはちょっと苦笑でしたが。

こういう光景を見ると、NAHAマラソンもたまにはタイムを気にせずに、沿道のエイドステーションを楽しみながら走るのも良いな〜って思いますよ。42.195kmという長丁場ですが、みなさんももしマラソンに参加してみたい!って気持ちがありましたら、NAHAマラソンは是非ともおすすめの大会だと思いますよ。もちろん一押しなのはヨロンマラソン(笑)なので、その次くらいにおすすめの大会だと思います。

NAHAマラソン&ヨロンマラソンは来シーズンもまた参加するぞ〜!(ヨロンマラソンは今シーズンはまだ走っていませんが・・・<2007年3月)。
-------------------------------------------------------------
■第22回NAHAマラソン 大会スタッツ
【日時】2006年12月3日 午前9時スタート
【種別】フルマラソン(42.195km)
【気象】天気/曇り時々晴れ 気温/20度前後 湿度/50%前後 風速/平均6m前後(北北西の風)
【参加】21000人(うち制限時間内完走は15000人)
【タイム】3時間10分〜3時間15分
【順位】200〜300位台
posted by 離島ドットコム管理人 at 09:00 | 大会:那覇/南部エリア